断捨離を継続するルールを3つご紹介

モノは現在進行系で増えていく。そのため、断捨離は一度やれば終わりというわけではなく、継続することが大事だ。断捨離をすすめることで、シンプルで見通しの良い暮らしになっていく。それにより、自分がやりたいこと・やるべきことに集中できるようになると思う。

今回は、断捨離を継続するために僕が使っているルールを3つ紹介しようと思う。

ルール1:一日一捨

まずひとつ目のルールは「1日に1つ何かを捨てる」というルールだ。これにより、捨てることを習慣化することができる。もちろん複数個捨てても大丈夫。

捨てるものにはアプリや、習慣もカウントすると良いと思う。僕は最近では「平日の飲酒」の習慣を捨てて、平日はノンアルや微アルを飲むようにしている。朝の目覚めがスッキリするようになった。

このアイデアは「あなたの1日は27時間になる。」という本に書いてあったものを参考にしている。

ルール2:1つ買ったら2つ捨てる

ふたつめのルールは、何か1つモノを買ったら代わりにモノを2つ捨てるというルールだ。本や服、ガジェット、小物など何か1つ買ったら、家にあるモノを2つ捨てるように心がける。これにより、買い物をするたびに、モノが減っていくサイクルを作ることができる。(日用品や食材にはもちろん適用は難しいルールなので、対象外)

このルールはメンタリストDaigoさんの「人生を思い通りに操る 片づけの心理法則」という本に書いてあったものを参考にしている。

ルール3:収納を買うのはある程度、断捨離が終わった段階で

収納用の棚などを先に買ってしまうと、これから捨てるもののための収納スペースを用意してしまうことになりがちだ。

そのため、収納棚や収納小物を買う場合は、ある程度断捨離が終わってからにするのが良いと思う。これにより、必要なものに必要な収納スペースを用意することができる。

 

最近は、メルカリなどのフリマアプリも充実しているので、それらを活用してモノを手放すのも大変良いと思う。思い出のモノなどは写真を撮ってからだと捨てやすいかもしれない。