朝の歯磨きと夜の洗顔の面倒くささを軽減する

f:id:Lync:20210924094840j:image

僕はとてもズボラ人間で、歯磨きと洗顔が面倒で嫌いです。特に朝の歯磨きと、夜の洗顔を面倒に感じることが多いです。もちろんどちらもやったら気持ちいいのだけれど、取りかかるまでが非常にめんどくさく感じてしまいます。

だが最近、取りかかる順番を普段と変えることで面倒くささがだいぶ軽減されることに気づきました。
具体的には、

朝:歯磨き→洗顔(今までは洗顔→歯磨き)

夜(風呂):洗顔→シャンプー(今まではシャンプー→洗顔)

という順番にしたことで、あまり面倒と思わずに朝の歯磨きと夜の洗顔をやることができています。

朝は洗顔は必須、夜はシャンプーは必須と考えているのですが、その前にオプション(?)を持ってきたイメージです。

こんな小さな工夫で面倒くささが軽減できるとは思いませんでした。やっぱり無理せず頑張らなくても継続できる仕組みを考えることは大事です。朝晩と洗顔料で洗うと、毛穴の黒ずみとかがだいぶキレイになるなと実感中です。

(書くのが遅くなりましたが、洗顔というのは洗顔料を使った洗顔のこと。水で顔を洗うのはもちろん毎日朝と風呂でやっています)

ちなみに僕が使っている洗顔料と歯ブラシは、毛穴撫子シリーズとポケットドルツ。毛穴撫子シリーズは、高城剛さんの本で毛穴撫子男の子用石鹸の存在を知りそこから使うようになりました。